Home > 大会 > 感染拡大予防ガイドライン

大分市テニス連盟主催大会における感染拡大予防ガイドライン

本ガイドラインは、(公財)日本スポーツ協会、大分県テニス協会などがこれまで発表したガイドライン等を参考に、大分市テニス連盟が主催する大会における感染拡大予防のための留意事項をまとめたものです。皆様方にはご不便をおかけしますが、安全で安心して大会を楽しんでいただくための取り組みとなりますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

大会参加選手・来場者へのお願い

【会場内での注意事項】
〇 大会会場への来場前には必ず検温を実施してください。以下の事項に該当する場合は、来場できません。
・平熱を超える発熱
・体調がよくない場合(当日も含め2週間以内に発熱・咳・咽頭痛・鼻汁・下痢などの症状がある場合)
・同居家族や身近な知人に上記症状があり、検査等で新型コロナウイルス感染症の陰性が確認されていない場合。
・過去14日以内に同居家族に、新型コロナウイルス感染症の陽性者または濃厚接触者となり検査等による陰性が確認されていない方がいる場合。
・過去14日以内に新型コロナウイルス感染症における濃厚接触者となった方。
・その他、新型コロナウイルスへの感染が疑われる状況にある方。
 ※ 濃厚接触者とは「保健所より濃厚接触者と認定された方」や「感染者との関係でPCR検査が必要と判断された方」を示します。
〇 必ずマスクの着用をお願いします(試合中を除く)。マスクの着用がない方は入場をお断りしますので、ご注意ください。
〇 参加選手と来場者の住所・連絡先を把握させていただきます。運営者の指示に従い、ご登録ください。
〇 インターネット上でオーダーオブプレイを配信している場合は、運営棟周辺での密集・密接を避けるため、インターネットからのオーダーオブプレイの確認をお願いします。
〇 こまめな手洗い、手指消毒に努めてください。
〇 用具・用品(ラケット、タオル、ウェア)の共用は避けてください。
〇 当日の密集を避けるため、選手以外については原則入場を禁止します(無観客開催の場合)。
 ※ 無観客開催とするかどうかについては大会ごとに判断します。
〇 運営棟1階倉庫での休憩等での使用を禁止します。
〇 会場内では、フィジカルディスタンス(2mが目安、最低1m)を確保ください 。
〇 大きな声での会話、声援等は控えてください 。
〇 飲食については最低限のものとし、周囲の方と距離をとって対面を避けてください。飲食中の会話は控えてください。
〇 ごみは必ず持ち帰ってください。
〇 咳エチケット等の感染予防の取り組みにご協力ください。
〇 熱中症予防のため、体調管理に努めてください。
〇 試合終了後は、速やかにご帰宅をお願いします 。
〇 大会中に運営者からの指示があった場合は、指示に従ってください。従わない場合は、失格・退場となる場合もありますのでご注意ください。

【試合時の注意事項】
〇 試合開始前の挨拶・トスは、適当な距離(1m程度)を取った上で、行ってください。
〇 ポイント取得の際などに大声を発するのは控えてください。ダブルスの場合、至近距離での会話、ハイタッチ、握手も控えてください。
〇 エンドチェンジの際は対戦相手と適当な距離をとった上で移動し、スコアボードは自分のスコアのみ変えてください。
〇 試合中に咳やくしゃみ等により手洗い等が必要になった場合、これに要する時間の試合の中断を認めます(必ず対戦相手に事情を説明してください) 。
〇 試合後の握手はご遠慮ください。適当な距離(1m程度)を取った上で、挨拶のみ行ってください。
〇 勝者がボールを返却し結果の報告を行ってください。
〇 試合終了後は、手洗い・手指消毒をお願いします。
 

大分市テニス連盟での対応

〇 会場内に、手指消毒液を設置します。
〇 水栓のある場所(ローソン横トイレ、相撲場横トイレ、運営棟1F)に石鹸液を設置します
〇 マスク、手袋、体温計等を用意します。
〇 運営棟2階は十分な換気を行うとともに、参加選手と対面する場所には透明ビニールカーテンを設置します。
〇 大会関係者はマスクを着用します。
〇 大会関係者への検温、体調確認を行います。
〇 参加選手と来場者の住所・連絡先について、参加選手・来場者・大会関係者に新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合、行政機関からの要請に応じ、情報を提供します。
〇 参加選手・来場者の安全確保のため、会場内を巡回するとともに、必要に応じて注意を行います。注意に従わない場合、失格・退場とする場合もありますのでご注意ください。
 

その他

〇 大会終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、当連盟まで速やかに報告をお願いします。

令和2年6月19日制定
令和3年9月20日改訂